ヒロ前田のTOEIC情報ブログ。TOEICの解答は掲載しません。セミナーや本の紹介はあり。
 最新ページ ほかのページ →  main  << >>
スコアアップ実績4 780から920へ
aptこのカテゴリでは成功事例と本の活用法を紹介しています。

990取得を目標にしているgeyserlimeさんのスコアは、2007年7月が480でした。この本などを使って勉強し、2008年6月のテストで920を取得しました。

ご本人から報告をいただいたので、紹介します。


2007年の7月に取得したスコアが480で、その後アメリカで受験されています。その後、トータルスコアは570、655、765と上昇しました。アメリカで生活すること自体が英語力を高めることに寄与するのは不思議ではありません(生活環境によっては、そうとも言えませんが)。ところが、2008年1月以降は「長いこと低迷」(ご本人談)していたそうです。

そんな時出会った記事が2008年4月14日のヒロ前田先生の「3回チャレンジ法の意義」。疑い深い自分だったが実際にスコアアップされたというHUMMERさんのブログとrincoさんのブログをみて、これしかないと藁にもすがる思いで「直前模試3回分」を購入。

4月20日より学習開始。ヒロ前田先生の教えに忠実に問題集を実施。試験前には3回目は終わりませんでしたが2回目までと復習はしっかり実施。今までの問題集に対する取り組みとは違い、それくらい時間をかけました。

素材を活用した復習(トレーニング)を「しっかり」と実践したことが最も成果に寄与したのでしょう。

2007年7月 トータル:480
2008年1月 トータル:765 *その後、780も取得
2008年6月 トータル:920

また、geyserlimeさんは5月11日からブログを始めました。開始して間もなく、HUMMERさんやrincoさんから実際にアドバイスなどコメントが届いたそうです(rincoさんは成果事例としても登場している方)。

ご本人から届いたメールによれば、アメリカでの生活が英語力のアップに貢献するのは間違いないものの「最初の570から655へのアップとは価値が違います」と述べられています。その段階での85点アップ、さらに、その後の110点アップと比較すれば、ハイスコアの領域においては上昇しにくいものです。実際に765を取得された後は、しばらく「安定期」がありました。これらを考慮すると、4月後半から「2カ月あまりで一気に140点アップ」(780から920へ)は「学習スタイルを改革した」成果だと言えそうです。(ご本人談)

関連リンク
geyserlimeさんが920を取得した翌日にブログで成功要因を振り返っています。

2008年4月14日の記事:3回チャレンジ法の意義

カテゴリのリンク:『 「直前」模試3回分 』

HUMMERさんの970取得記事:TOEIC 第137回 2008年03月23日(日)結果


大きな成果を出す方々の共通点は見えています。
「3回チャレンジ法」の手順に固執する必要はありませんが、特定のメソッドを採用して守ることにより、必然的に通るプロセスにおいて実力を養うことが大事なのです。いつもボクが言っているように英語力と、それをスコアに変換する受験力を同時に鍛えることが成果を出します。なお、ボクはこういうことを本には(あまり)書いていません。CDと特典(音声セミナー)の中で話しています。

comments(2) URL 2008.07.05 Saturday └ 「直前」模試3回分TOP
Comment
前田先生へ
いつも参考にさせて頂いております。本日は直前3回分模試で疑問があり、メールさせて頂きました。
2回目の模試問題、145の解答解説で、intercontinental travel は不可算名詞とありますが、辞書などをみますと、travels となっている文例が見受けられます。この点を確認したく、宜しくお願い致します。
kobakoba | 2008/08/30 3:21 PM
kobakobaさん、
ご質問ありがとうございます。まず、大前提として知っていただきたいことがあります。ある名詞を「不加算名詞」と表現する場合、それは「一定の条件を備えている場合」であることが多いです。条件しだいでは複数形になります。例えば、fishは文脈しだいではfishesと表現することの方が正しいです。
次に、travelについてですが、これも文脈しだいで変わります。複数形で用いられる実例があることが、その言葉が不加算名詞ではないことを表すわけではありません。
そして、ご指摘いただいた、TEST 2に登場している英語は英語として正しいならば、不加算であると言えます(もちろん英語として正しいです)。この場合の「不加算」は「どんな場合でも不加算である」という意味ではなく、上に書いたとおり「一定の条件を備えている場合に不加算である」という意味です。145番が登場する文脈においては具体的な個々のtravelを想定しているのではなく概念として存在しているのでtravelと表記されています。比較対象としてあえて書きますと、可算名詞の場合は、単数形で使うなら冠詞が必要ですし、冠詞を使えない場面では複数形で表記します。それが、このtravelとの違いです。よって結果的に、この文脈におけるtravelを「不加算名詞」と位置づけました。この議論は、実は原稿を書いている時点でボクも考慮したのですが、どうしてもスペースが足りなくて、中途半端な解説になることを避けて大胆に短く書きました。この機会を与えてくださり、ありがとうございます。
前田 | 2008/09/02 12:10 PM









後でコメントを修正するには今のうちにコピーしておいてください。

ブログ運営者

更新状況とメルマガ

掲載されている疑問数 87


admin

カテゴリーを選択

ヒロ前田のセミナー

TOEIC対策セミナー、TOEIC指導者向け講習など。
セミナー一覧
各セミナーの報告

コメント

アイテム紹介

CD付 TOEIC(R)テスト 新形式問題やり込みドリル
CD付 TOEIC(R)テスト 新形式問題やり込みドリル (JUGEMレビュー »)
ヒロ 前田,ロス タロック
2016年5月以降の新形式に特化した本。321問を収録。意図問題だけで105問を収録している本は他にないはず。本書の裏話と詳細あり。

アイテム紹介

EPSON プロジェクター EB-1771W 3,000lm WXGA 1.7kg
EPSON プロジェクター EB-1771W 3,000lm WXGA 1.7kg (JUGEMレビュー »)

世界で最も薄いらしいです。セミナー用に購入しました。

アイテム紹介

TOEIC(R)テスト 非公式問題集 至高の400問
TOEIC(R)テスト 非公式問題集 至高の400問 (JUGEMレビュー »)
ヒロ 前田,テッド 寺倉,ロス・タロック
公式ではなく非公式。非公式だからこそ、公式には書かれていないことが満載。

アイテム紹介

CD付 改訂版 5日で攻略 TOEIC(R)テスト730点! (残り日数逆算シリーズ)
CD付 改訂版 5日で攻略 TOEIC(R)テスト730点! (残り日数逆算シリーズ) (JUGEMレビュー »)
ヒロ前田
ボクが最も好きな自著の1つです。2008年に発売されたシリーズの改訂版です。小さい改訂なので、オリジナル版を持っている人は買うべきではありません。

アイテム紹介

TOEICテストパート1、2 出るのはこれ! (講談社パワー・イングリッシュ)
TOEICテストパート1、2 出るのはこれ! (講談社パワー・イングリッシュ) (JUGEMレビュー »)
ヒロ 前田
ビジュアルの工夫をたくさん入れた問題集です。パート1の復習コーナーに、以前から実現したくて実現できていなかったユニークな練習法を取り入れました。

アイテム紹介

TOEICテストパート3、4 出るのはこれ! (講談社パワー・イングリッシュ)
TOEICテストパート3、4 出るのはこれ! (講談社パワー・イングリッシュ) (JUGEMレビュー »)
ヒロ 前田
実際のテスト3回分のコンテンツが入っている問題集です。

アイテム紹介

DL付 TOEICテスト究極のゼミPART 5語彙・語法【超上級編】
DL付 TOEICテスト究極のゼミPART 5語彙・語法【超上級編】 (JUGEMレビュー »)
ヒロ前田,ロス・タロック
練習問題の約半分は、TOEICに出題されない形式で作られています。その方が力を伸ばすのに役立つと信じているからです。読者向け特典があります。

アイテム紹介

新TOEIC TEST ドリーム特急 全パート実戦対策
新TOEIC TEST ドリーム特急 全パート実戦対策 (JUGEMレビュー »)
森田鉄也,花田徹也,神崎正哉,ヒロ前田,加藤 優,濱崎潤之輔,TEX加藤,Daniel Warriner
パート4を担当しました。

アイテム紹介

TOEICテスト900点。それでも英語が話せない人、話せる人(DL特典付)
TOEICテスト900点。それでも英語が話せない人、話せる人(DL特典付) (JUGEMレビュー »)
ヒロ 前田
「笑いと涙をこらえきれず、部屋を飛び出しました」「すごくおもしろかったです。おもしろいだけじゃなく本当に役立つ1冊」

アイテム紹介

音声DL付 TOEIC(R) テスト 基本例文700選 (TTTスーパー講師シリーズ)
音声DL付 TOEIC(R) テスト 基本例文700選 (TTTスーパー講師シリーズ) (JUGEMレビュー »)
基本例文700選制作委員会
これは「暗記」するための本ではなく、読み物です。聞くための音声コンテンツも死ぬほどたくさんあります。説明を書きました。

アイテム紹介

不思議の国のグプタ―飛行機は、今日も遅れる
不思議の国のグプタ―飛行機は、今日も遅れる (JUGEMレビュー »)
ヒロ前田,清涼院流水
TOEICに関わる、すべての人に想いを込めて捧げます。中学生も楽しめる本です。特設ページもあります。

アイテム紹介

TOEIC(R) テスト いきなり600点!
TOEIC(R) テスト いきなり600点! (JUGEMレビュー »)
横川綾子,渋谷奈津子
ボクが“プロデュース”した最初の作品です。FBページもあります。

アイテム紹介

TOEIC(R)テスト究極のゼミPart 5 & 6
TOEIC(R)テスト究極のゼミPart 5 & 6 (JUGEMレビュー »)
ヒロ前田
特典として「演習専用マークシート」があります。「トレーニング」のコーナーが工夫されています。

アイテム紹介

TOEIC(R)テスト究極のゼミPart 7
TOEIC(R)テスト究極のゼミPart 7 (JUGEMレビュー »)
ヒロ前田
文書すべてを録音した音声などの無料特典があります。これは
プレスリリースです。

アイテム紹介

アイテム紹介

新TOEICテストBEYOND990超上級問題+プロの極意
新TOEICテストBEYOND990超上級問題+プロの極意 (JUGEMレビュー »)
ヒロ前田
1200点を目指すための本。詳細な情報は専用カテゴリーにあり。プレスリリースもあり。

アイテム紹介

新TOEIC TEST 時短特急 ミニ模試×5回
新TOEIC TEST 時短特急 ミニ模試×5回 (JUGEMレビュー »)
ヒロ前田,Ross Tulloch
ミニサイズの模試です。Test 1〜3は28問、Test 4〜5は30問です。特典もあります。

アイテム紹介

眠った英語を呼び覚ます―DLS英語学習法のすすめ
眠った英語を呼び覚ます―DLS英語学習法のすすめ (JUGEMレビュー »)
新崎 隆子,高橋 百合子
この本に登場する「英文の覚え方」は衝撃的。スピーキングとリスニングを鍛える方法を記した本。新崎先生と高橋先生が開発したトレーニング法を学べます。事情により、この本を書店で入手するのは困難ですが、アマゾンで買えるようです。英語力を高めたい人に推薦します。詳しい説明を書きました。

アイテム紹介

新TOEICテスト 直前の技術?スコアが上がりやすい順に学ぶ
新TOEICテスト 直前の技術?スコアが上がりやすい順に学ぶ (JUGEMレビュー »)
ロバート ヒルキ,ポール ワーデン,ヒロ前田
パート2から始まりパート4で終わる本。誇りに思っているのはパート3です。上級者にも役立つはず。
増刷状況

アイテム紹介

新TOEICテスト「直前」模試3回分
新TOEICテスト「直前」模試3回分 (JUGEMレビュー »)
ロバート・ヒルキ / ポール・ワーデン / ヒロ前田
詳しい紹介と実績報告、誤植レポートがあります。特典の音声セミナーもあり。

最近のトピック

リンク

RSS Feed

RSSとは?
  • RSS1.0
  • Atom0.3
  • Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM