ヒロ前田のTOEIC情報ブログ。TOEICの解答は掲載しません。セミナーや本の紹介はあり。
 最新ページ ほかのページ →  main  << >>
疑問72 測定されない力
990を取得したことがある人が、初めてそれを取得したときに気づくことがあります。それは、TOEICが測定していない能力が多くあることです。まず、話す力や書く力が(望むほどは)高くないという事実に気づくものです。そして、努力を継続しようという気持ちが高まるきっかけが、990取得である人もいるでしょう。

そして、2年の月日が流れ去り、街でルビーのリングを見かけると、いえ、知人のAさんが990を8回も9回も取得していることに気づきます。自分は1回だけ。スコアを見ると10点くらいしか違いません。親友Bさんと悪友Cさんは「へぇ、お前らすげぇな」と言ってノホホンとしていますが、自分自身は「何かが違う」と感じ始めます。

「Aと俺は何が違うんだ」

簡単なことです。
TOEICが測定していないのは、話したり書いたりする力だけではありません。単純に言って「TOEICにおいて995以上のスコアを取れる力」が測定されていないのです。

何回も990を取ることができるAさんは、1150や1200を取る力を備えているのだと思います。たまに980を取ることがあったとしても。たまたま利用しているのがTOEICというテストなので、戦闘力が正しく測定されていないのです。スカウター(*)を使って測定したとして、戦闘力1200の人ならTOEICで990を年に5回ほど取得するでしょう。戦闘力が1450あれば常に990を取るかも知れません。

スカウター(*)
通信機能と生命体探索機能を兼ね備えた装置で、モノクル(片眼鏡)に似た形をしている。片耳に取り付け、付属する半透明の小型スクリーンに、生命体の戦闘能力を数値化した情報や、その対象への方角や距離が表示される。
(引用元:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


かつて日本には、PRIDEというリングがありました。そして、もっと前からアメリカにあったUFCというリングから強い選手が流れ込んできました。なぜ、わざわざアメリカから日本に来たのか。それは「新しいテスト」を受けるためでしょう。UFCという土俵の中で強いことが証明されても「俺はもっと強い」と思った選手が「どうやら海の向こうには、俺の戦闘力を正しく測定するテストがあるらしい」と思って参戦したわけです。そして、確かにPRIDEのリングには人類最強のヒョードルをはじめとする、戦闘力が8000(推定)を超える選手がいたのです。「最強」の称号を得るにはPRIDEに来るのが正しい選択だったわけです。その後、PRIDEというテスト自体が消滅したため、おそらくUFCが世界最高峰のテストになっています。すると今度はUFCに参戦する強い選手が増えています。

TOEICは、それなりによくできたテストですが、995以上の力の差を示すことを意図していません。戦闘力が1200の人も、ギリギリ990の人も、1回分のスコアを見れば結果は同じ990かも知れません。「ある時点のスコアだけ」を比べても優劣は判断できません。

将棋の世界における「最強」の称号は名人位です。「神武以来の天才」と呼ばれた加藤一二三氏や、別の意味ですごい米長邦雄氏は名人位を得ましたが1期しか保持できませんでした。大山康晴氏、中原誠氏、羽生善治氏の成績を見れば、実力が違うことは明らかでしょう。

完全な推測ですが、年8回TOEICを受験して990を5回も6回も取得する人と、1回だけ取得する人の間には大きな力の差があると思います。戦闘力1200と990(ともに推定)くらいの差があるでしょう。ですから「両者の実力は同じ」と言える勇気も根拠もありません。それに、何らかの理由で990を取りたいと思っている人の心情を察すれば「実力は同じだよ」という言葉は何の役にも立ちません。励ましにもなりません。ボク自身、990を取るつもりで2004年11月から2005年10月まで8回連続失敗していましたので、少しはその心情を理解できるつもりです。もし、何らかの言葉をかけなくてはならないならば、1つしか思いつきません。

「努力が足りねーんだよ。もっと勉強しやがれ」

戦闘力が990程度だと、990を1回取っても加藤一二三氏や米長邦雄氏と同じです(両名とも尋常ではないレベルですが)。すぐに陥落するつもりならそれで構いませんが安定的に990を取れるようになりたいなら、少なく見積もっても1150程度の戦闘力を持つべきでしょう。TOEICで1150を取るくらい、さまざまなことを学び、余裕で990を取る。それくらいの気持ちで勉強していただきたいです。

K-1王者になったレミーボンヤスキーや数多くのボクシング王者の言葉を借りるまでもなく「王座の防衛は奪取より難しい」のです。あの辰吉丈一郎は試合の翌日から練習をしていたそうです。その理由を聞かれ「練習しないと力が落ちそうで不安だから」と答えたことがあったそうです。天才は不安を感じないはずですが、自分が天才であると信じている人など、きっと世にいないでしょう。だから練習するのです。英語学習にそのまま当てはめる必要も必然性もないとは思いますが、実力の高い人々は意識的に、または無意識のうちに学び続けているものです。

第149回公開テストでは久しぶりに200問分のマークを塗りました。

*

ボクが990を取得するのは2回目です。2005年11月以降、990というスコアを自分で取ることに関心を失い、別の目的で受験を続けてきました。今回のテストで990を取ったのは「気まぐれ」です。次に取る日は来ません。自分が990を取ることより、自分が教えた相手が990を取ることの方が、よほどうれしく感じます。指導者養成講座をはじめとするボクのセミナーの参加者の中で、毎年どなたかが990を(はじめて)取得しており、そのニュースを聞くと非常にうれしく感じます。たとえ一時的だとしても、その人自身が本当に喜んでいることが分かるからです。

ボク自身の戦闘力は、しょせん1000程度だと思います。たくさんの人に追い抜かれることを祈りつつ、自分も学び続けていこう、と、このスコアを見て思いました。測定されない力を伸ばしながら。

comments(21) URL 2009.10.05 Monday └ TOEIC 疑問 スコアTOP
Comment
前田先生、久しぶりの記事の更新ですね、ありがとうございます!

「努力が足りねーんだよ。もっと勉強しやがれ」

この言葉、最高です。
足りません、僕は努力が超・足りないです。
いつまでたっても990点が獲れません・・・理由は分かっています、そうです、努力が足りないんですよね!
やはりこうして、心に響く”喝”を入れていただけると気合いが入ります。
しかも前田先生にです。
今回の「疑問72」は、僕の中では自分への喝だと勝手に解釈させていただきました、そして、
「今のまま学習を続けていれば、いつか990点獲れるだろう」
という、僕の中にある潜在的な”甘え”を無くす大きなきっかけになりました。
前田先生、いつもお世話になっていますが今回も本当にありがとうございます!

(追伸)
UFC103でのミルコは厳しかったですね。
あそこまで腰が引けているミルコを見たのは初めてです。
PRIDEのTシャツを着て入場してきたので、さらに思い入れが大きくなったまま観戦したのでとても残念でした。
HUMMER | 2009/10/05 8:45 PM
HUMMERさん、
コメントありがとうございます。ミルコがPRIDEのTシャツを着て入場しましたか。泣けますね。
前田 | 2009/10/06 12:35 AM
前田先生こんにちは。
「測定されない力」すごい破壊力の内容です。日々精進するための起爆剤になりました。
これからももし自身の数値を測られてもそのスカウターをぶっ壊してしまう程の力をつけるため、がんばります。
なかじ | 2009/10/06 12:56 AM
9月のテストで960点が取れ、それはそれは嬉しかったのですが、それと同時に
「950点ホルダーとして自分がイメージしたような英語力が全くついていない」ことに愕然としていたところでした。
しかも、もう一度受けてもっと良いスコアが取れる自信が全くありません。

でも、こんな弱気ではダメですね!
戦闘力1200目指して精進します!


izumi | 2009/10/06 3:18 PM
初めてコメントさせていただきます。

前田先生のお言葉に衝撃をうけました。いつも960点ぐらいをうろうろしていて、満点が取れません。

努力が足りないことはわかっていましたが、その自分から目をそむけていた気がします。

「努力が足りねーんだよ」というお言葉ありがとうございました!もっと勉強します!
まいこ | 2009/10/06 3:48 PM
なかじさん、
スカウターを壊すには戦闘力30万くらい必要かも知れません、たしか。ま、それでもいいので壊してください。

izumiさん、
コメントありがとうございます。学習過程において(izumiさんが何を実践していたか知りませんので想像するしかありませんが)ご自身がやっていたことの延長にそのイメージが常にあったのか、をチェックしていなかったのではないでしょうか。もしそうなら、起きるべきことが起きただけです。うれしいことではないかもしれませんが、少なくとも、このタイミングで気づいたことは良いことだと思いますよ。戦闘力1200を目指すのであればTOEICが測定していない力は何だろう、と考えてみてください。スコアとして成果が現れなくてもいいや、というくらいの気持ちで取り組めば、結局はスコアにも反映されますよ。

まいこさん、
コメントありがとうございます。衝撃を受けるほどの言葉だったとは、ボクも驚きです。今後の学習に少しでも貢献できればうれしいことです。よろしければまたご訪問ください。
前田 | 2009/10/07 12:38 AM
初コメです。
あまりにも良いことが書いてあるのでTOEIC受けないけど、コメントしてしまった^^;

良い内容をありがとうございます。
まだまだまだまだ俺も努力します。
げんさん | 2009/10/07 12:11 PM
げんさんさん、
TOEICを受験しないのにコメントをいただき、ありがとうございました。
前田 | 2009/10/08 12:23 PM
 孫悟空が戦闘力1000以上の力を得たのは確かあの世での界王との修行によるものでした。英語力1000以上を身につけるための修行もかなり厳しく普通の修行(TOEIC対策のみとか)では無理ということですよね。

 ましてスーパー英語人になる為の修行はとんでもないものですね。

 
板井可都也 | 2009/10/08 11:34 PM
初めまして

今回はとくにスゴイ記事をありがとうございます。

新TOEIC向けの学習を始めた今年の4月から、
前田先生のブログ・メルマガを拝読しているオッサンです。

旧TOEICでは600台でしたが、
前田先生の惜しみない情報提供+「730点突破全パート問題集」のおかげで、
5月の新TOEIC初受験で725、6月の公開で775、8月のIPで825まで到達。
今後、最大の弱点である『運用能力』を高めていくつもりです。

この状況で読んだ今回の記事には、
強烈な『何か』を感じました。『極意』かもしれません。
楽(らく)じゃないけど、楽しみながら、『何か』を身につけたいと思います。

いつも刺激を与えていただける有用な記事に感謝します。
Keith | 2009/10/09 8:43 PM
板井可都也さん、
コメントありがとうございました。TOEICを念頭に置かない英語学習を(他人の目には修行に見えても)修行だとは思いもしない、当たり前の行為として数年続ければ、英語力1000(?)には達すると思います。

Keithさん、
コメントありがとうございました。問題集をお使いくださり、ありがとうございます。ぜひ、楽しみながら学び続けていってください。
前田 | 2009/10/12 12:25 AM
ブログへは初コメントです。

英語に限らず
「努力が足りねーんだよ。もっと勉強しやがれ」
は“超”心に響きます。(涙)

戦闘力のお話も、とってもわかりやすいです。
漠然と思っていたことが、記事に明記されていました。

世の中甘くはないです。
それを改めて自覚して、自分の目標に向かって戦闘力を伸ばしていきます。
あ、努力します!
Yow | 2009/10/12 12:37 PM
Yowさん、
コメントありがとうございました。今回の話は990以上を目指している方を想定して書きましたが刺激になったのであれば幸いです。勉強は楽しんでいる状態で効果があると思います。気負わずに学んでくださいね。
前田 | 2009/10/13 8:11 PM
3年ほど前にコメント入れて以来、久しくコメントを入れておりませんでした。前田先生自身がTOEIC受験に対する思いよりも、生徒のスコアアップを楽しみにする気持ちがすごく伝わりました。
私も世界は違いますが、後輩を育てています。彼らから学ぶことも多いですし、また学ぶ姿を見て私自身の教える手法や表現も徐々に変わります。
私ができても、それは所詮自分だけの世界に浸ること。むしろ私ができていることを学んで育ってくれることに喜びを感じるようになりました。
私自身のTOEIC学習は始まったばかりですが、スコア自体にどういう思いを込め、そして目標をどこに置いていくのかを考えながら学習を進めたいと思います。
私の職場に4人の外国人がいます。ほとんどアジアの方ですが、インド出身の方が試しにTOEICの問題を解いてみました。当たり前なのですが、Part5はものの数秒ほどで次々問題を解いています。考えてはいるのでしょうが、初めてみるTOEIC問題に躊躇することなく、解きまくります。ちなみにTOEFLも満点近いスコアを取る方なので、TOEICはいわゆる1100だ1200だのスコアを出している方なのだと想像ができます。
英語を公用語で使うような方々とは比較にはならないけども、それを果敢に目指す方も多くいらっしゃいますね。
今日の日記はいろいろと感じさせていただきました。私の英語勉強もまた長い年月を経てようやく再スタートです。今年の終わりか、来年初めに英語を使う日が来ます。それまで少しでも会話できるようにしたいです。まずはリスニングと正しい文法を少しでも使えるようにしたいなと思います。ようやくですが、仮定法を口に出して言えるようになりました。でもまだ駆け出しです。会話も楽しいと思えるようになれればと思います。
スタバ太郎 | 2009/10/15 2:01 AM
前田先生、久しぶりにコメントさせていただきます。

本記事を拝読し、990点を目指していながらも、現状に満足していた自分に気付かされました。

もっと勉強します。そして、その姿を教えている生徒達にも見せていきたいと思います。
fukken | 2009/10/15 10:03 AM
前田先生、
TOEIC Speaking&Writingの方にも目を向けていただけませんか。
TOEIC対策だけで終始するのはもったいないです。

LPIもなくなりますし、これから利用者が増えてくると思います。

勘ボックスいつも愛用してます。

レミー(1) | 2009/10/24 10:54 PM
スタバ太郎さん、
コメントありがとうございます。おっしゃるとおり、教えることで学べることは非常に多いですね。ボクは指導する立場にある方に「どうやって学んでいるか」という漠然とした質問をすることがあります。回答の中には「教えること」が結構あります。実際にやってみれば、教えることが大きな学びにつながることを実感しますね。

fukkenさん、
コメントありがとうございました。生徒さんにご自身の努力する姿を見てもらうことはとても意義のあることだと思います。言葉にしなくても、そのような姿勢は伝わりますからね。

レミー(1)さん、
ご意見いただき、そして勘ボックスをご利用いただきありがとうございます。スピーキングとライティングは重要なテーマだと認識していますし、多くの方が身につけたいと思っている能力の向上につながると思います。同時に重要なのは、TOEIC SWテストは「力を測定するために存在しているに過ぎない」という点と「お手軽な受験スキルが通用しにくい」点です。つまり、(テストを受けなくても)スピーキングやライティングの練習をすることが能力向上を左右する最大要素であるということです。受験者は確かに増えていくでしょう。「受験するから学ぶ」人がメインなのか「学んでいるから受験する」人がメインなのかを見ていき、個人的なかかわり方を検討したいと思っています。
前田 | 2009/10/26 1:59 PM
前田先生のTOEICに対するちょっと引いた感じのコメントにいつも共鳴してます。一度TOEICを受けて、幸い990点とれましたが、自分のめざす英語力には程遠いものを感じています。英語を使えることイコール高度なスピーチ能力を持つことと私は思っております。理由は前田先生が仰られていることと同様です。
平凡な飽くなき一中年英語学習者 | 2009/11/02 12:45 PM
平凡な飽くなき一中年英語学習者さん、
コメントありがとうございます。いつまでも学ぶべきことは続きます。お互い目指すところに向かって努力していきましょう。
前田 | 2009/11/03 2:10 PM
本物の英語が出来ている人間ならば、どんな状況でも対応できるということだと思います。TOEICだけに限りなく、TOEIC SWやIELTS、TOEFLなどの試験でも頂点に立つことが出来るでしょう。
また例え何回もTOEIC 990点を取ったとしても本当に英語が出来ている人であることを証明し切れていないと思います。一つはご存知の通り、LとRしか測定してないからです。もう一つは、沢山試験を受けること自体が試験に成れちゃっている為です。試験パターンに慣れているだけでも慣れていない人より100点以上の高点を取るかもしれません。
Yamamoto | 2011/07/17 1:36 AM
Yamamotoさん、
コメントをいただきありがとうございました。おっしゃることは、まさにその通りだと思います。慣れの差がスコアの差を生むのもよく起きている現象だと思います。特に400から800くらいのレンジでは100くらいの差は出るでしょうね。
前田 | 2011/07/17 11:40 AM









後でコメントを修正するには今のうちにコピーしておいてください。

ブログ運営者

更新状況とメルマガ

掲載されている疑問数 87


admin

カテゴリーを選択

ヒロ前田のセミナー

TOEIC対策セミナー、TOEIC指導者向け講習など。
セミナー一覧
各セミナーの報告

コメント

アイテム紹介

CD付 TOEIC(R)テスト 新形式問題やり込みドリル
CD付 TOEIC(R)テスト 新形式問題やり込みドリル (JUGEMレビュー »)
ヒロ 前田,ロス タロック
2016年5月以降の新形式に特化した本。321問を収録。意図問題だけで105問を収録している本は他にないはず。本書の裏話と詳細あり。

アイテム紹介

EPSON プロジェクター EB-1771W 3,000lm WXGA 1.7kg
EPSON プロジェクター EB-1771W 3,000lm WXGA 1.7kg (JUGEMレビュー »)

世界で最も薄いらしいです。セミナー用に購入しました。

アイテム紹介

TOEIC(R)テスト 非公式問題集 至高の400問
TOEIC(R)テスト 非公式問題集 至高の400問 (JUGEMレビュー »)
ヒロ 前田,テッド 寺倉,ロス・タロック
公式ではなく非公式。非公式だからこそ、公式には書かれていないことが満載。

アイテム紹介

CD付 改訂版 5日で攻略 TOEIC(R)テスト730点! (残り日数逆算シリーズ)
CD付 改訂版 5日で攻略 TOEIC(R)テスト730点! (残り日数逆算シリーズ) (JUGEMレビュー »)
ヒロ前田
ボクが最も好きな自著の1つです。2008年に発売されたシリーズの改訂版です。小さい改訂なので、オリジナル版を持っている人は買うべきではありません。

アイテム紹介

TOEICテストパート1、2 出るのはこれ! (講談社パワー・イングリッシュ)
TOEICテストパート1、2 出るのはこれ! (講談社パワー・イングリッシュ) (JUGEMレビュー »)
ヒロ 前田
ビジュアルの工夫をたくさん入れた問題集です。パート1の復習コーナーに、以前から実現したくて実現できていなかったユニークな練習法を取り入れました。

アイテム紹介

TOEICテストパート3、4 出るのはこれ! (講談社パワー・イングリッシュ)
TOEICテストパート3、4 出るのはこれ! (講談社パワー・イングリッシュ) (JUGEMレビュー »)
ヒロ 前田
実際のテスト3回分のコンテンツが入っている問題集です。

アイテム紹介

DL付 TOEICテスト究極のゼミPART 5語彙・語法【超上級編】
DL付 TOEICテスト究極のゼミPART 5語彙・語法【超上級編】 (JUGEMレビュー »)
ヒロ前田,ロス・タロック
練習問題の約半分は、TOEICに出題されない形式で作られています。その方が力を伸ばすのに役立つと信じているからです。読者向け特典があります。

アイテム紹介

新TOEIC TEST ドリーム特急 全パート実戦対策
新TOEIC TEST ドリーム特急 全パート実戦対策 (JUGEMレビュー »)
森田鉄也,花田徹也,神崎正哉,ヒロ前田,加藤 優,濱崎潤之輔,TEX加藤,Daniel Warriner
パート4を担当しました。

アイテム紹介

TOEICテスト900点。それでも英語が話せない人、話せる人(DL特典付)
TOEICテスト900点。それでも英語が話せない人、話せる人(DL特典付) (JUGEMレビュー »)
ヒロ 前田
「笑いと涙をこらえきれず、部屋を飛び出しました」「すごくおもしろかったです。おもしろいだけじゃなく本当に役立つ1冊」

アイテム紹介

音声DL付 TOEIC(R) テスト 基本例文700選 (TTTスーパー講師シリーズ)
音声DL付 TOEIC(R) テスト 基本例文700選 (TTTスーパー講師シリーズ) (JUGEMレビュー »)
基本例文700選制作委員会
これは「暗記」するための本ではなく、読み物です。聞くための音声コンテンツも死ぬほどたくさんあります。説明を書きました。

アイテム紹介

不思議の国のグプタ―飛行機は、今日も遅れる
不思議の国のグプタ―飛行機は、今日も遅れる (JUGEMレビュー »)
ヒロ前田,清涼院流水
TOEICに関わる、すべての人に想いを込めて捧げます。中学生も楽しめる本です。特設ページもあります。

アイテム紹介

TOEIC(R) テスト いきなり600点!
TOEIC(R) テスト いきなり600点! (JUGEMレビュー »)
横川綾子,渋谷奈津子
ボクが“プロデュース”した最初の作品です。FBページもあります。

アイテム紹介

TOEIC(R)テスト究極のゼミPart 5 & 6
TOEIC(R)テスト究極のゼミPart 5 & 6 (JUGEMレビュー »)
ヒロ前田
特典として「演習専用マークシート」があります。「トレーニング」のコーナーが工夫されています。

アイテム紹介

TOEIC(R)テスト究極のゼミPart 7
TOEIC(R)テスト究極のゼミPart 7 (JUGEMレビュー »)
ヒロ前田
文書すべてを録音した音声などの無料特典があります。これは
プレスリリースです。

アイテム紹介

アイテム紹介

新TOEICテストBEYOND990超上級問題+プロの極意
新TOEICテストBEYOND990超上級問題+プロの極意 (JUGEMレビュー »)
ヒロ前田
1200点を目指すための本。詳細な情報は専用カテゴリーにあり。プレスリリースもあり。

アイテム紹介

新TOEIC TEST 時短特急 ミニ模試×5回
新TOEIC TEST 時短特急 ミニ模試×5回 (JUGEMレビュー »)
ヒロ前田,Ross Tulloch
ミニサイズの模試です。Test 1〜3は28問、Test 4〜5は30問です。特典もあります。

アイテム紹介

眠った英語を呼び覚ます―DLS英語学習法のすすめ
眠った英語を呼び覚ます―DLS英語学習法のすすめ (JUGEMレビュー »)
新崎 隆子,高橋 百合子
この本に登場する「英文の覚え方」は衝撃的。スピーキングとリスニングを鍛える方法を記した本。新崎先生と高橋先生が開発したトレーニング法を学べます。事情により、この本を書店で入手するのは困難ですが、アマゾンで買えるようです。英語力を高めたい人に推薦します。詳しい説明を書きました。

アイテム紹介

新TOEICテスト 直前の技術?スコアが上がりやすい順に学ぶ
新TOEICテスト 直前の技術?スコアが上がりやすい順に学ぶ (JUGEMレビュー »)
ロバート ヒルキ,ポール ワーデン,ヒロ前田
パート2から始まりパート4で終わる本。誇りに思っているのはパート3です。上級者にも役立つはず。
増刷状況

アイテム紹介

新TOEICテスト「直前」模試3回分
新TOEICテスト「直前」模試3回分 (JUGEMレビュー »)
ロバート・ヒルキ / ポール・ワーデン / ヒロ前田
詳しい紹介と実績報告、誤植レポートがあります。特典の音声セミナーもあり。

最近のトピック

リンク

RSS Feed

RSSとは?
  • RSS1.0
  • Atom0.3
  • Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM