ヒロ前田のTOEIC情報ブログ。TOEICの解答は掲載しません。セミナーや本の紹介はあり。
 ほかのページ →  2/5  << >>

第148回TOEIC公開テスト
第148回のTOEIC公開テスト(2009年7月26日)は新形式になってから27回目のテストです。これまで多くを調べてきましたが、まだ知らないことがあるのでリサーチを目的に受験しました。

調べたかったタイプのアイテムがパート6に1つだけありました。

(A) count
(B) counting
(C) counts
(D) countless

項目別正答率の調査に役立つので、パート5とパート6ではこのアイテムだけを正解し残りの51問は捨てました。正解は書きませんが、解答速報みたいなサイトを見れば掲載されているはずです。

2009年8月29日に神戸で行うセミナーに730点達成を目標にする人々が集まるので、ボクも730点を取ろうかと思ったのですが、やめました。今回のテストでは正答数のターゲットを設定をしませんでした。

ただし、パート1は全問正解する必要があったので解答しました。
10番は少し難易度の高いアイテムだと思いますが奇問ではありません。道路に駐車された車の列を見て「よくあるのはThe vehicles are parked in a row.だけど10番だから違うだろう」と推測しました。過去26回のテストで正解として使用されたことのない名詞が主語でした。shadowsに似た別の語です。

電話で話している女性を描写する不正解として、She is picking up a corn.が再登場。2回目の出題なので(A)に出ると分かっていましたが思わずそれが正解となるような写真を思い浮かべてしまいました。cornとphoneは最初の子音が異なるので間違えるはずがないと思っていましたが、似てないこともないですね。

リサーチ内容を録音した「レビューセミナー」はメルマガで配布する予定です。

comments(0) URL 2009.07.26 Sunday TOEIC テスト情報TOP
第147回TOEIC公開テスト
第147回TOEIC公開テスト(2009年6月28日)は成蹊大学で受験しました。

何かと話題になる、パート1の10番は過去に出題されたことのある写真で、特別に難しいアイテムではありませんでしたが主語がバラバラだったので正解率は相対的には低いでしょう。項目別正答率の調査をするために、それを正答し、ほかの9問は捨てました。(A)が正解となるアイテムが普段より多かったのが印象的でした。

パート5で、珍しくwhoseが正解として登場しました。新形式のTOEIC公開テストは26回目ですが、初めてのことです。ちょうど第146回の公開テストを分析した「レビューセミナー」の中で、whoseが正解にならないのはなぜだろうか、と疑問を投げかけていました。神崎正哉さんは「実際の会話で、whoとwhichに比べて使用頻度が低いからだろう」とおっしゃっています。確かにその通りだと思います。先行詞が人間だったので、不正解の選択肢にwhoがあるかと思ったら、なかったので正解率が低いとは思えません。

パート5には「名詞の単数と複数」を問うアイテムが出ることがあります。単数形が正解になるケースばかりでしたが、今回は複数形が正解です。空所の前に冠詞のaが「ない」ことを理由に、単数形が不可であることに気づくべきですが、実際は空所の後にもヒントがありました。関係代名詞のwhoが続き、その後の動詞を見れば先行詞が複数形であるべきだと気づきます。

パート6に出題された、チョコレート工場が登場する文書は、たぶん2008年の6月にも出題されたものと同じです。is locatedを選ばせる時制問題に対して「まだOPENしていない工場の場所を示す時制がisでいいかどうか。違和感があった」と神崎さんは1年前におっしゃっていましたので、注意深く読んでみました。確かに工場はOPENはしていないけれど、存在はしていますので現在時制を使うことに問題はなさそうです。

パート6に登場した時制問題は3つです。そのうち1つは時制問題のふりをしていただけで、文脈依存型ではありません。助動詞のshouldを使う選択肢を正解にしつつ、不正解の選択肢に過去形など異なる時制をあえて混ぜてある。アイテムライターとして参考になる問題作成方法でした。

4つの文書のうち1つには文脈依存型がなく、1つの文書には文脈依存型しかありませんでした。それができるなら「文脈依存型ばかり12問を出題する」ことも可能なはずです。空所を含むセンテンスだけを見て解答可能な品詞問題などを出さずに、文脈依存型だけを出す方がテストとしては良いでしょう。パート6の存在意義を高めるなら。

パート7の同義語問題には、またミスがありました。第146回のテストで発生したミスと同じタイプです。正解となる選択肢が同じ文書の中に、同じ意味で使用されていました。意図的にそんなことをする理由はなさそうなのでETSによるミスだと思われます。

今回は過去に実験したことのない数を正答しました。詳細はメルマガで発表します。

comments(11) URL 2009.06.28 Sunday TOEIC テスト情報TOP
第146回TOEIC公開テストのスコア
第146回TOEIC公開テストのスコアは以下の通りです。

正答率
ボク:75パーセント、ポール:80パーセント、ロバート:85パーセント

スコア
L:355 R:340 T:695 75パーセント
L:390 R:345 T:735 80パーセント
L:410 R:395 T:805 85パーセント

ほぼ予測どおりですが、リーディングセクションのスコアを見ると、5問の差が5点の差しか生んでいない場所があります。正答率が間違っている可能性もなくはないです。ただ、だとしても、その「間違い」は非常に小さいズレだと思われます。

これは、以前、神崎正哉さんとの議論の中で出たリクエストにお応えするための正答率です。その詳細は過去の記事のコメント欄にあります。

comments(10) URL 2009.06.22 Monday TOEIC テスト情報TOP
第146回TOEIC公開テストに出たリサイクル問題
第146回TOEIC公開テストは2009年5月31日に実施され、ボクはロバート・ヒルキ先生、ポール・ワーデン先生と一緒に受験しました。

神崎さんのリクエストに応じるために、正答数は以下の通りです。
前田:75パーセント ポール:80パーセント ロバート:85パーセント

ちょうど1年前のテスト(第138回)に出たアイテムが覚えているだけで30問は出題されていました。そのテストを分析して作った「レビューセミナー」という名の音声セミナーを、ここ3日間で3回聞いたのですが、たまたまボクが取り上げたアイテムの多くが今回も出題されていました。

Part 1
「自転車がポールに寄りかかっている」
「コピー機を使っている男性」
あと1枚、第138回に出ていた写真がありました。

Part 5では、shortlyやdependableなど数問。
Part 6は「村上屋の成功ストーリー」がリサイクルでした。

Part 7は多かったです。
特にダブル・パッセージ4セットのうち半分が第138回のリサイクルです。
「ニュージーランドの会社からシドニーの会社に転勤する女性のメールと、それに対する上司のメール」のセット。「バンコクで社員向けセミナーを行う講師のメールとセミナーのタイムテーブル」のセット。

これらだけで10問あります。シングル・パッセージは3文書しか読まなかったのでリサイクルには気づきませんでした。

これらは「レビューセミナー」で話していたので聞いた人は気づいたでしょう。1年前にタイムトラベルすれば。
今回もメルマガで配布します。久しぶりに。配布時期は6月上旬ですので希望する場合は、今すぐにメルマガに無料で登録してみてください。

comments(11) URL 2009.05.31 Sunday TOEIC テスト情報TOP
第146回のTOEIC公開テスト
TOEICは3月末決算の企業と同様に、4月から「新年度」になります。3月末に実施されたIPテストまでを含めた「2008年度」のデータが集計されて受験者数などが公式に発表されるのは、たぶん6月です。

第146回のTOEIC公開テストは5月31日です。
5月の受験地は多いです。全国80都市のうち、ほぼ全都市で実施されます。

■受験できない都市
少ないです。TOEIC公式サイトで確認してください。

■申込期間 2009年3月2日(月)10:00から4月23日(木)12:00まで(ネット経)

■結果発送予定日 2009年6月30日(火)

2009年度も8回実施。第146回(5月)、第147回(6月)、第148回(7月)、第149回(9月)、第150回(10月)、第151回(11月)、第152回(2010年1月)、第153回(2010年3月)と続きます。

ボクは、ロバート(ヒルキ先生)とポール(ワーデン先生)と一緒に受験します。

comments(0) URL 2009.04.16 Thursday TOEIC テスト情報TOP
第145回TOEIC公開テストの後
第145回TOEIC公開テスト(2009年3月15日)は調布市で受験。目立ったことや「異変」があればメールマガジンで発表します。また、ボクが2008年に実施したセミナーを録音した1時間以上の音声ファイルも無料公開しますので、英語力を高めることに関心があれば読者登録してみてください。今週中に発表します。

3月15日の16:48に追記
異変あり。かなりの変事です。これまで24回の新テストに1回も出題されていなかったタイプのアイテム。まさか出るとは。あと、Part 6にミスみたいな変な現象がたくさんありました。ボクの各セクションの正答数は57問です。

comments(2) URL 2009.03.15 Sunday TOEIC テスト情報TOP
第144回 TOEIC公開テスト
第144回のTOEIC公開テストはロバート(ヒルキ先生)と一緒に受験しました。
受験前に打ち合わせをして、調査内容を確認。

比較実験を行うことにしました。
ロバートが、ターゲットとするスコアを取るための、ある一定数のアイテムを正答します。それより少し小さい数をボクが正答します。こうすることでスコアと正答数の関係をかなり正確に把握できるからです。これまでに数回やってきたことですが、今回チャレンジしたのは合計スコアが420〜470の領域です。

で、実際に受験し、いつも通り、ロバートとレストランで復習をしました。

過去問が大量にリサイクルされていました。実施回数が増えれば増えるほど、そうなるのは当然でしょうが。リスニングセクションが久しぶりに45分だったので懐かしかったです。23回の新TOEICの中で45分だったのは今回を含めて2回目だと思います。

第144回TOEIC公開テストについては、近日中にメルマガでレポートします。

comments(2) URL 2009.01.11 Sunday TOEIC テスト情報TOP
第142回 TOEIC公開テスト
第142回のTOEIC公開テストは調布市にあるNTT東日本研修センタで受けました。

ボクの正答数はリスニングセクションは3問です。リーディングセクションは不明ですので何の検証もできません。

出題内容や解答を分析して録音した音声セミナーはメルマガで配布してきました(解答速報ではありません)。今回のテスト(第142回)については作るかどうか決めていません。決めたらメルマガで発表します。

第141回TOEICの「レビューセミナー」の中で、パート1の正解として(A)が少ない理由を、アイテムライティングのセオリーと一緒に説明しました。でも、第142回のTOEICでは、パート1の正解として(A)は少なくとも4つありました。珍しい現象です。

comments(3) URL 2008.10.26 Sunday TOEIC テスト情報TOP
TOEIC 141回 解答分析セミナー
第141回のTOEIC公開テスト(2008年9月28日)はロバート・ヒルキ先生、ポール・ワーデン先生と一緒に受験。受験後すぐにテスト問題や解答を分析して、それをベースにボクがセミナーを作る予定。

音声セミナーです。メルマガでのみ配布します。

また、メルマガ読者には2時間半の音声セミナーを配布中。
テーマは「新公式問題集を使いこなす」と「45人くらいが語る役立った学習法」です。

og3dl

この音声を聞いた方が自己最高スコアを記録した例もあります。
2008年10月10日までメルマガ読者に無料進呈しています(その後は配布方法を変更します)。

comments(7) URL 2008.09.27 Saturday TOEIC テスト情報TOP
TOEIC 139回の解答はここで発表しません
TOEIC公開テストの第139回(6月29日)は事情により受けられないと思いました。でも、受けました。メルマガでは、ここ1年くらい「分析内容」を音声セミナー(60分とか90分など)にして発表してきました。今回やるかどうかは決めていません。

発表する場合は、メルマガでお知らせします。
【ダッシュで奪取】はヤフーメルマガから発行しています。(当たり前ですが)テスト問題をまるまる再現するわけではないので「答え合わせ」なんかできません。速報でもありません。セミナーの準備が優先です。

comments(0) URL 2008.06.29 Sunday TOEIC テスト情報TOP

ブログ運営者

更新状況とメルマガ

掲載されている疑問数 87


admin

カテゴリーを選択

ヒロ前田のセミナー

TOEIC対策セミナー、TOEIC指導者向け講習など。
セミナー一覧
各セミナーの報告

コメント

アイテム紹介

CD付 TOEIC(R)テスト 新形式問題やり込みドリル
CD付 TOEIC(R)テスト 新形式問題やり込みドリル (JUGEMレビュー »)
ヒロ 前田,ロス タロック
2016年5月以降の新形式に特化した本。321問を収録。意図問題だけで105問を収録している本は他にないはず。本書の裏話と詳細あり。

アイテム紹介

EPSON プロジェクター EB-1771W 3,000lm WXGA 1.7kg
EPSON プロジェクター EB-1771W 3,000lm WXGA 1.7kg (JUGEMレビュー »)

世界で最も薄いらしいです。セミナー用に購入しました。

アイテム紹介

TOEIC(R)テスト 非公式問題集 至高の400問
TOEIC(R)テスト 非公式問題集 至高の400問 (JUGEMレビュー »)
ヒロ 前田,テッド 寺倉,ロス・タロック
公式ではなく非公式。非公式だからこそ、公式には書かれていないことが満載。

アイテム紹介

CD付 改訂版 5日で攻略 TOEIC(R)テスト730点! (残り日数逆算シリーズ)
CD付 改訂版 5日で攻略 TOEIC(R)テスト730点! (残り日数逆算シリーズ) (JUGEMレビュー »)
ヒロ前田
ボクが最も好きな自著の1つです。2008年に発売されたシリーズの改訂版です。小さい改訂なので、オリジナル版を持っている人は買うべきではありません。

アイテム紹介

TOEICテストパート1、2 出るのはこれ! (講談社パワー・イングリッシュ)
TOEICテストパート1、2 出るのはこれ! (講談社パワー・イングリッシュ) (JUGEMレビュー »)
ヒロ 前田
ビジュアルの工夫をたくさん入れた問題集です。パート1の復習コーナーに、以前から実現したくて実現できていなかったユニークな練習法を取り入れました。

アイテム紹介

TOEICテストパート3、4 出るのはこれ! (講談社パワー・イングリッシュ)
TOEICテストパート3、4 出るのはこれ! (講談社パワー・イングリッシュ) (JUGEMレビュー »)
ヒロ 前田
実際のテスト3回分のコンテンツが入っている問題集です。

アイテム紹介

DL付 TOEICテスト究極のゼミPART 5語彙・語法【超上級編】
DL付 TOEICテスト究極のゼミPART 5語彙・語法【超上級編】 (JUGEMレビュー »)
ヒロ前田,ロス・タロック
練習問題の約半分は、TOEICに出題されない形式で作られています。その方が力を伸ばすのに役立つと信じているからです。読者向け特典があります。

アイテム紹介

新TOEIC TEST ドリーム特急 全パート実戦対策
新TOEIC TEST ドリーム特急 全パート実戦対策 (JUGEMレビュー »)
森田鉄也,花田徹也,神崎正哉,ヒロ前田,加藤 優,濱崎潤之輔,TEX加藤,Daniel Warriner
パート4を担当しました。

アイテム紹介

TOEICテスト900点。それでも英語が話せない人、話せる人(DL特典付)
TOEICテスト900点。それでも英語が話せない人、話せる人(DL特典付) (JUGEMレビュー »)
ヒロ 前田
「笑いと涙をこらえきれず、部屋を飛び出しました」「すごくおもしろかったです。おもしろいだけじゃなく本当に役立つ1冊」

アイテム紹介

音声DL付 TOEIC(R) テスト 基本例文700選 (TTTスーパー講師シリーズ)
音声DL付 TOEIC(R) テスト 基本例文700選 (TTTスーパー講師シリーズ) (JUGEMレビュー »)
基本例文700選制作委員会
これは「暗記」するための本ではなく、読み物です。聞くための音声コンテンツも死ぬほどたくさんあります。説明を書きました。

アイテム紹介

不思議の国のグプタ―飛行機は、今日も遅れる
不思議の国のグプタ―飛行機は、今日も遅れる (JUGEMレビュー »)
ヒロ前田,清涼院流水
TOEICに関わる、すべての人に想いを込めて捧げます。中学生も楽しめる本です。特設ページもあります。

アイテム紹介

TOEIC(R) テスト いきなり600点!
TOEIC(R) テスト いきなり600点! (JUGEMレビュー »)
横川綾子,渋谷奈津子
ボクが“プロデュース”した最初の作品です。FBページもあります。

アイテム紹介

TOEIC(R)テスト究極のゼミPart 5 & 6
TOEIC(R)テスト究極のゼミPart 5 & 6 (JUGEMレビュー »)
ヒロ前田
特典として「演習専用マークシート」があります。「トレーニング」のコーナーが工夫されています。

アイテム紹介

TOEIC(R)テスト究極のゼミPart 7
TOEIC(R)テスト究極のゼミPart 7 (JUGEMレビュー »)
ヒロ前田
文書すべてを録音した音声などの無料特典があります。これは
プレスリリースです。

アイテム紹介

アイテム紹介

新TOEICテストBEYOND990超上級問題+プロの極意
新TOEICテストBEYOND990超上級問題+プロの極意 (JUGEMレビュー »)
ヒロ前田
1200点を目指すための本。詳細な情報は専用カテゴリーにあり。プレスリリースもあり。

アイテム紹介

新TOEIC TEST 時短特急 ミニ模試×5回
新TOEIC TEST 時短特急 ミニ模試×5回 (JUGEMレビュー »)
ヒロ前田,Ross Tulloch
ミニサイズの模試です。Test 1〜3は28問、Test 4〜5は30問です。特典もあります。

アイテム紹介

眠った英語を呼び覚ます―DLS英語学習法のすすめ
眠った英語を呼び覚ます―DLS英語学習法のすすめ (JUGEMレビュー »)
新崎 隆子,高橋 百合子
この本に登場する「英文の覚え方」は衝撃的。スピーキングとリスニングを鍛える方法を記した本。新崎先生と高橋先生が開発したトレーニング法を学べます。事情により、この本を書店で入手するのは困難ですが、アマゾンで買えるようです。英語力を高めたい人に推薦します。詳しい説明を書きました。

アイテム紹介

新TOEICテスト 直前の技術?スコアが上がりやすい順に学ぶ
新TOEICテスト 直前の技術?スコアが上がりやすい順に学ぶ (JUGEMレビュー »)
ロバート ヒルキ,ポール ワーデン,ヒロ前田
パート2から始まりパート4で終わる本。誇りに思っているのはパート3です。上級者にも役立つはず。
増刷状況

アイテム紹介

新TOEICテスト「直前」模試3回分
新TOEICテスト「直前」模試3回分 (JUGEMレビュー »)
ロバート・ヒルキ / ポール・ワーデン / ヒロ前田
詳しい紹介と実績報告、誤植レポートがあります。特典の音声セミナーもあり。

最近のトピック

リンク

RSS Feed

RSSとは?
  • RSS1.0
  • Atom0.3
  • Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM